4W1H
見える化 4W1H

利用シーン 目標に対して設定したアクションを具体化する。 責任分担を明確化し進捗状況をフォローする。 具体例 4W1HのうちWhereとHowは自明であることが多いためこの例では省略している。 「ステータス」は未着手・進捗率(パーセンテージ)・ペンディング・完了・中止などアクションの状態を表す語を定義し記述する。 「実施状況」はアクションの途中経過を日付入りで時系列に記述する。 定例会議でステータスの確認、進捗やアクションのアプローチに関するフォローアップを行うことで、確実にアクションを進める。(これが重要) 関連ツール ゴールツリー

続きを読む
SWOT分析
見える化 SWOT分析

利用シーン 組織(個人でも良い)の戦略を検討する際に、ブレストだけでは意見が発散してしまい、統一感のある戦略にまとめあげるのが難しいケースがある。そういう場合は、SWOT分析により論点を絞り意見を共有しながら戦略に落とし込むと良い。

続きを読む
ゴールツリー
見える化 ゴールツリー

利用シーン ゴールを明確化して発散した議論を収束する。 目的と手段を明確化する。 具体例 本質的な目標(ゴール)を定義する。例では「部門粗利10%アップ」を設定している。 目標を達成するための下位目標を定義する。下位目標の下にさらに下位目標があっても良い。 下位目標ごとに達成するために必要なアクションを定義する。 関連ツール 4W1H アクションまで決まるとなんとなく安心して、そのままにしてしまうことがある。アクションまで落とし込んだら、4W1Hで期限や担当者を明確にし、確実に実行される仕組みを作る。

続きを読む
フォースフィールド分析
見える化 フォースフィールド分析

利用シーン ある計画がうまくいっていない場合、その原因を人の心に作用する見えない力という視点で見える化し分析する。みんなの本音を見える化し、それぞれの力の強さを「推進力」「抵抗力」にまとめて全体を俯瞰することで、計画がうまくいかない理由を共有するとともに、改善策を検討するための論点を絞り込むことができる。

続きを読む
プロセスマッピング
見える化 プロセスマッピング

利用シーン 業務プロセスのムダを見つけたい場合や、問題が発生しやすい作業フローを見つけたい場合に使用する。業務プロセスを見える化しブレーンストーミングすることで、それまでは「常識として疑わなかったが実はムダな作業やプロセス」をみつけやすくなる。

続きを読む
ペイオフマトリクス
見える化 ペイオフマトリクス

利用シーン 議論の結果、複数の案がでてきた場合に、どれを選べば良いのかで悩むことがある。そのような場合、2つの評価基準を設定し、ペイオフマトリクスで複数案の相対的ポジションを比較すると良い。

続きを読む