/ #iphone 

いまさらながらDraftPadが便利すぎることに気付いた件

いまさらながらDraftPadの素晴らしさに気付きました。

存在自体はかなり前から知っていたのですが、それほど使い込んでいなかったため「ファイルという概念がないシンプルなテキストエディタ。アシストで機能拡張できる」ぐらいのゆるい認識でした。

それ自体は間違いでないと思いますが、このアプリの肝はアシスト機能。アシストでできること、それによって何がどのように快適になるのかは、実際に使い込んでみなければわかりませんね。

ということで、本当にいまさら感が漂いますが空気を読まず、まずはテキストエディタとして見た時の特徴から。

起動が速い

思いたった時にすぐに文章を書くためには、起動が速くないと辛い。起動がおっくうと感じるアプリだと、書くこと自体を躊躇してしまいます。

DraftPadは起動が速い。アイコンをタップすれば、すぐに文章を書き始められます。

シンプルで使いやすいユーザインタフェース

あるのはナビゲーションバーとエディタ領域だけ。迷いようがないユーザインタフェースです。「下書きを書く」ことに特化したムダをそぎ落としたスタイル。

ファイルを意識する必要がない

DraftPadにはファイルという概念がありません。

エディタで下書きを書き、他アプリへ連携したら、すべてを消していちから別の文章を書き始めます。

それじゃ、過去に書いた文章を参照できないの?と心配になるかもしれませんが、自動的に編集履歴が取られるので、過去のテキストを読み込むことも可能です。

安定した動作

DraftPadはアシストでさまざまな機能を拡張できるとはいえ、テキストエディタとしてのコアはとてもシンプルです。

そのせいもあるのか、とても動作が安定しています。いまのところ使っていて落ちたことは一度もありません。開発者のインタビューでも安定性を重視したとありました。

untitled — DraftPad 開発者への 16,820 文字インタビュー

また、一分ごとに自動保存してくれる点も安心です。

iCloud対応

例えば、iPhoneでの編集を中断してiPadでDraftPadを立ち上げると、書きかけのテキストがあらわれます。

デバイスを変えてもすぐに続きを書き始めることができるわけです。

アシスト機能できること(ほんの一例)

どうですか? エディタ機能だけでも、かなりいい感じですよね。それに加えてDraftPadには強力なアシスト機能があります。

アシスト機能によって、DraftPadはテキストを中心とした情報フローの中心に位置する、アプリ連携のハブになるのです。

では、例えばどんなことができるのか? 私が良く使ってるアシストでできることを紹介します。

  • 文書を書いているときに、本筋と関係ないアイデアを思いついたのでToodledoへ登録する。標準のEmailアシストをカスタマイズすれば可能。あて先を自分のToodledoのメアドにして、サブジェクトはお好みで(期限やコンテキストなどを指定できます)。
  • 頻繁にメールする相手の場合、メーラでメアドを選ぶのが面倒。簡単にメールしたい。標準のEmailアシストで、あて先を事前に設定しておけば、1行目がサブジェクト、2行目以降が本文に設定された状態でメーラが起動します。
  • カレンダーへ簡単に予定を登録する。標準のAdd Event in Calendarアシスト。1行目がイベント、2行目以降がメモに設定された状態で標準のイベント登録画面が開きます。
  • カーソル移動を改善し快適に推敲する。DarkRoomアシストを使えば、左右にフリックするだけでカーソルがビュンビュン移動します。
  • 賢い漢字変換を使って文章を書く。標準のEdit with ATOK Pad Appアシスト。起動するとATOK Padが開くので文書を入力。ATOK Padを閉じると書いた文書が引きつがれ、自動的にDraftPadへ戻ります。

どうですか? どれも痒いところに手が届く、気が利いた機能だと思いませんか?

標準で提供されているアシストには、これ以外にも辞書の検索やtwitterへの書き込み、Google Mapの検索など、いろいろありますし、ユーザが開発したアシストも多数公開されています。

DraftPad Assist Library(公式)
DraftPad Assist unofficial Library « したっけ! 鈍がめ 備忘録

これだけできて無料、さらに広告も入りません。なんと太っ腹な…iPhoneでメモや文書を書くことが多い人は必携のアプリだと思います。

ちなみに、このエントリもDraftPadで書きました。快適です!

いまさら、こんなエントリを書いてしまう情弱がお届けしました。

DraftPad
Manabu Ueno
価格: 0円

posted with sticky on 2013.2.5

Edit(Admin)