ファシリテーターの道具箱―組織の問題解決に使えるパワーツール49

ファシリテーションで使える道具が49個紹介されている。

各ツールは、どういうときに使うのか? どう使うのか? 注意点や活用するためのポイントは?という観点で、それぞれ2ページにまとめられている。

ファシリテーターの道具箱―組織の問題解決に使えるパワーツール49 | 森 時彦/ファシリテーターの道具研究会 | 本 | Amazon.co.jp
Amazon公式サイトでファシリテーターの道具箱―組織の問題解決に使えるパワーツール49を購入すると、Amazon配送商品なら、配送料無料でお届け。Amazonポイント還元本も多数。Amazon.co.jpをお探しなら豊富な品ぞろ…www.amazon.co.jp

目次

はじめに
序章 社内プロセスコンサルタントになろう!
第1章 [入門キット]これだけは身につけたい道具8
第2章 [初級キット]シンプルに考えるための道具13
第3章 [中級キット]愉快にロジカルに進める道具16
第4章 [上級キット]実行力を高める道具12
あとがきに代えて

「あとがきに代えて」で東出氏が「実際に使っている道具は5つぐらいで80%以上の場合をカバーしている」と述べている。

パレートの法則に従い、まずは、自分が使いたい道具を5つ程度選び、現場で試行錯誤しながら自分のモノにする。これが、ファシリテーションスキルを身につける上での近道ではないだろうか。

また、ファシリテーションに限らず、パラパラと眺めて一人ブレストすれば、抱えている問題を解決するための切り口を思いつくかもしれない。

Edit(Admin)