一ヶ月に300冊の本を読む読書法 ー『読書の技法』佐藤優

読書の技法(佐藤優)の読書法が凄いです。

この本は熟読する本の選び方や、小説や漫画の読み方、本をいつどこで読むかなど、読書法に関する話題を広く扱っているのですが、中でも強く印象に残ったのが多読の方法です。

献本が月平均100冊近くある。これは1冊の例外もなく、速読で全ページに目を通している。それから新刊本を70~80冊、古本を120~130冊くらい買う。これも全部読んでいる。

月に300冊ということは、1日あたり10冊のペースですよ。すごい…

ということで、この本の中から「限られた時間の中で、いかに多くの本を読み、自分の知識として定着させるか」にフォーカスした読書メモをシェアします。

筆者が毎月目を通している300冊のうち、熟読している本は洋書を含めて平均4~5冊である。500冊を超える場合でも、熟読しているのは6~7冊だ。熟読する本を2冊増やすのは、そう簡単なことではない。

熟読する以外の本は、速読、超速読のいずれかで処理する。

熟読する本と速読、超速読で処理する本を分別するんですね。

「超速読」は、前述の書籍を5分程度で読む技法で、試し読みと言ってもよい。この試し読みによって、書籍を次の4つの範疇(カテゴリー)に区分する。

  • 熟読する必要があるもの
  • 普通の速読の対象にして、読書ノートを作成するもの
  • 普通の速読の対象にするが、読書ノートを作成するには及ばないもの
  • 超速読にとどめるもの

まず最初に5分という時間の制約を設けて、本の下読みをして、どのレベルで読む本かを評価し、本全体の中でどこ部分を読むべきかに当たりをつけるのが「超速読」

まず序文の最初1ページと目次を読み、それ以外はひたすらページをめくる。このとき文字を読まない。とにかくページ全体を見るのだ。

ビジネス書で強調箇所が太字やゴシック体で書かれている本は、ページ全体を見るには値せず、太字やゴシック体の文字だけを追っていけばよい。

図表や資料はおのずと目に飛び込んでくるので、他と同様に扱う。

超速読に方法はいわゆるフォトリーディングに近い感じですね。超速読の結果、速読の対象と判断したものは…

また速読をする場合には、必要とする情報についての明確な目的意識も必要だ。

たとえば、藤原正彦『国家の品格』(新潮新書)を読む場合に、「藤原氏のレトリックから学ぶ」という問題意識を持つ場合と、「同書の論理構成とウィトゲンシュタインの『論理哲学論考』(岩波文庫)とが類似している部分を調べる」という問題意識を持つ場合とでは、着目する箇所が自から異なってくる。

「何を目的として読むか」をベースに着目するポイントを決定すると。

まず、目次と初版まえがきを注意深く読み、それから結びを読む。

(中略)

いつものようにシャーペンとポストイットを持ち、この2つの章のいずれかを、端から文字を追って読む。重要と思う部分は線で囲み、ポストイットを貼る。

同じ行に何度も目がいき、速読がうまくいかない場合は、定規を当てながら読む。第四章ならば56ページあるが、ここまでなら17分以内で処理できる。 そして残った時間で、それ以外のページを超速読するのだ。

筆者が主張したい部分は結論にあるので、結びは必ず読む。

そして目次とまえがきを注意深く読み、限られた時間で読むべき章に当たりをつけて、プライオリティを設定した上で読む。

普通の速読においては、内容を細かく理解する必要もなければ、すべてを記憶する必要もない。内容を大雑把に理解・記憶し、「あの本のあの部分に、こういうことが書かれていた」「あの箇所に当たれば、あの情報が出てくる」という「インデックス」を頭の中に整理して作ることが最も重要になる。

「普通の速読」の対象に選んだ本は、全ての内容を把握する必要は無い。どこに何が書いているかを、頭の中でざっくりとインデックス化しておけば良い。

新聞も、端から端までじっくり読むような読み方をしていたら、それで一日が終わってしまう。 ざっと見出しを見て当たりをつけ、どれを読んでどれを読まないかを判断する。そのうえで、既存の情報は適度に飛ばし、必要な未知の情報だけを拾い読みする。その原理を読書にも応用するのだ1151

なるほど。確かに新聞をは端から端まで読むような読み方はあまりしませんね。

書籍の場合、どうしても「せっかく買ったのにもったいない」という心理が働き、つまらない本、あまり役に立たなそうな本でも、全体を読まなければと思いがちですよね。

しかし、貴重な時間を無駄にしないためにも、まずは読むべき本かどうかをフィルタリングする。そして、その中でも特に読むべきポイントを精査すべきだと。

「ノートを作る時間があったら他の本を読んだほういい」「その時間がもったいない」と主張する論者もいるが、筆者はその意見には与しない。

そういう読書では、自分の得意な分野の知識しか身につかない(自分の苦手分野や未知の分野の知識を効率よく身につけられない)うえに、得意分野さえも十分には伸ばすことができない。

(中略)

自分の「判断」に加えて、「意見」も書き込むようにする。

「私はこうは思わない」「この部分は、あの本のパクリだ」「同じデータに関して、あの専門家は別の評価をしている」など自分の「意見」も書き込めるようになれば、十分理解して自分で運用できる水準になっている。

読みっぱなしでは頭の中に定着しない。重要だと感じだポイントをノートにまとめ、自分なりの見解を追記することで、知識が頭の中に深く刻まれ、使える知識になると。

ここまで、超速読と速読のポイントを引用してきましたが、速読するためには「熟読」の方法を理解する必要があります。

本書では「熟読」の方法はもちろん、コストパフォーマンスが高い「本」というメディアから効率良く情報を収集し、知識を自分の血と肉に変えるための実践的なノウハウが満載です。

読書好きの方はもちろん、本を道具として効率よく活用したい方もぜひ!

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門

posted with ヨメレバ

佐藤 優 東洋経済新報社 2012–07–27

Amazon

Kindle

楽天ブックス

考えたこと

私も比較的、多読な方だと思うのですが、読んだ本の内容が自分の知識としてなかなか定着しないと感じていました。

読書メモを作りつつ、このブロクでシェアすることで、効果的な読書にできないかを模索して行きたいと思います。

Edit(Admin)