印象に残るプロフィール写真を作るためのアイデア

昔のガラケーで撮った、解像度の低いFacebookのプロフィール写真が、あまりにも酷いので、最近、撮りなおしました。

写真を撮るのは大好きですが、撮られるのは嫌いなので、一刻も早く済ませたく結局、無難な写真に。

でも、せっかく撮りなおしたんだし、もっと印象に残る写真にしてもおもしろいかも…などと考えていたらカナダの写真家ジョエル・ロビソンのユニークなセルフ・ポートレートを見て、あぁ、こういう見せ方もあるのかと。

Photoshopで加工した仮想の世界。ロビソンが創造した小さな町の中で暮らすセルフ・ポートレートです。

Flickr上に他の写真もアップされていますが、独特の世界観があって素晴らしい。

例えば、こういう写真をプロフィールに使ったら、かなり印象に残りそうですよね。とは言え、誰もがこんな写真を作れるわけではありません。

そういえば、過去にこのブログで紹介したPhotoFuniaというサービスがあることを思いだしました。

PhotoFunia :: photo effects, filters, free online photo editor

用意されている数十種類のテンプレートの中から好きなものを選び、自分の写真をアップロードするだけで、こういった写真を簡単に作れます。

無料で使えますので、ユニークなプロフィール写真を作りたい方は、試してみてはいかがしょう? iPhoneやAndoridのアプリも用意されています。

用途によりますが、個人のブログやFacebookなら、こういう遊び心があるプロフィール写真を使うのもアリですよね。

ただ、大抵のプロフィール写真は縮小されて表示されるので、あまり自分が小さいと、判別できなくなるので注意が必要ですが。

少し考えてみようかな。

Edit(Admin)