報道されないタバコの裏側

タイトルはホッテントリメーカーです。内容とはあまり関係ないです。すみません。一度使ってみたかった。

タバコをやめたいと思いながらも、なかなかやめられません。仕事で煮詰まったときなどの気分転換に良いんですよね。昔、「タバコは心の日曜日」というコピーがありましたが、その感じわかります。

それにしても、最近の喫煙者の迫害ぶりは凄いものがありますね。すぎやまこういちさんは現在の状況を「禁煙ファシズム」と呼んでいますが、くだらないもの、ダメなもの、体によくないものなど「無くても良いもの」を許容せず、徹底的に排除しようとする風潮が窮屈で嫌だなぁ…と。

そんな中、愛煙家通信 Web版 — 喫煙文化研究会というサイトを見つけました。『「タバコは文化である」と考える喫煙愛好者が集い、人と喫煙の関係を、文化・社会・環境・健康など様々な角度から論議・検討する会』とのことで、作曲家のすぎやまこういちさんが代表を努められています。

このサイトでは、多くの著名人がタバコに関する文章を寄せています。いくつか引用します。

特別インタビュー 筒井康隆の紫福談 ま、今日も笑って一服… ー 筒井康隆

「タバコが嫌い」ということではなくて、ほかのことでイラついているんだな、と。それが今やもう証明されてしまいましたね。明らかにタバコが、あらゆる不満の“犠牲”になっている。「禁煙」という一点に人々のはけ口が集約されていますね。
いずれは『最後の喫煙者』(新潮文庫)と同じような状況になるでしょう(喫煙者差別が魔女狩りのレベルに達し、殺人・私刑・放火・脅迫がおこなわれる)。まだそこまではいっていないけれど、いずれそうなる。

たばこ「悪者論」の先に見えるモノ ー 養老孟司

僕が行き過ぎだと思っているのは、神奈川県の松沢成文知事が飲食店、娯楽施設などを含めた「公共的施設」を全面禁煙にしようとしていますね。本当にいいのだろうかと思ってしまうんです。なぜなら、そういう場所は本来、アトランダムな行動が許されるところなんです。世界の根本にあるのは、「秩序」を手に入れるためには同量の「無秩序」と交換しなくてはならないという自然法則です。現代社会はそれを忘れている。

私は吸わない。けれど「嫌煙権を振りかざすのはいじめです」ー 金美齢

結局のところ一番気にくわないのは、日本全体がこっちを向いたから皆そっちを向くっていう雰囲気になっていることです。マスメディアが作ってしまっている世論の流れに対して、NOと言えるチャンスが少なくって、もの言えば即干されてしまうような社会って、やっぱり変だと思います。たとえ功罪いろんなことがあるにせよ、「弱者はかばわなくちゃいけないよ」というバランスを取りながらやってきたのが、これまでの日本の社会でしたよね。今の喫煙者はいじめを受けているとしか思えません。

「不良」長寿のすすめ ー 奥村康(順天堂大学医学部教授)

たばこは、確かに咽頭ガンとは因果関係があって、たばこを吸う人は四十倍、咽頭ガンになりやすい。ただ、咽頭ガンで死ぬ人は年間五千人程度。一方、肺ガンは年間六万五千人以上が死んでいて、その発ガン物質として最も大きいのは自動車の排気ガスです。排気ガスを一〇〇とすれば、たばこは〇・一以下でしょう。その〇・一を狂ったように攻撃していますけれど、本当に肺ガンを減らしたいなら、自動車を止めるしかありません。

喫煙文化研究会の設立趣旨

生活習慣の似ている40~45歳の男性1200人を半分に分けて、一方は酒も煙草も自由に摂取し放題、もう一方は年2回検診をし酒も煙草も制限して健康状態を保つようにしたんです。その結果、15年後フタを開けたら、健康管理グループは17人亡くなっていて、自由にしていたグループは死者がいなかったんですよ。つまり、ストレスが病気の原因になっているということですよね。これはまずいということで、厚労省はこの情報を隠してしまったんです。

虐げられている喫煙者にとって勇気づけられる文章がたくさんあります。喫煙者の方はぜひ。

まじめは寿命を縮める 不良長寿のすすめ (宝島社新書)

posted with ヨメレバ

奥村康 (順天堂大学医学部教授) 宝島社 2009–01–10

Amazon

Kindle

楽天ブックス

Edit(Admin)