「忠継大王」を見てデザインは大切だなと思った話

家族から家のWi-Fiの電波が弱い、繋がらないというクレームを受けて、PLANEXの無線LAN中継器「忠継大王」を導入したんですよ。

こんなやつ。

コンセントに直挿しするタイプの中継機なんですけど、とてもかわいい。

これを見て、デザインって大切だなぁと思いました。

だって、仮にコンセントの差し込み口に描かれた顔が無かったら、こうですよ。(レタッチしました)

上のデザインを見た後だと、無味乾燥に感じてしまう。

たぶん、このデザインにはそんなにお金をかけてないと思うんですけど、あると無いとでは大違い。

このデザインがあるからこそ、ネーミングも「忠継大将」と、忠犬ハチ公を連想させるものにできるわけで、マーケティング的にもOKと。賢い!

(本当は「忠継ハチ公」にしたかったんじゃないのかと邪推してしまうわけですが、商標登録されてたのかな…)

ほんと、デザインって大切だなと再認識した次第です。

電源コードを刺すのがかわいそうになりますよ。

あ、肝心の機能もなかなかです。

うちはバッファローのルーター使ってるんですけど、WPSで簡単に繋がったし、電波強度は-72dBmから-49dBmに改善されました。

価格も安く、LEDを消灯できたりなど、使い勝手もなかなか考えられていると思いますので、Wi-Fi強度にお悩みのかたは、お試しください。

【Amazon.co.jp限定】PLANEX 無線LAN中継器 11n/g/b 300Mbps コンセント直挿型 忠継大王 MZK-EX300NP PS4・AppleTV・iPhone・Android対応

posted with カエレバ

プラネックス 2014–04–14

Amazonで購入

via PressSync

Edit(Admin)