空気を読み過ぎると「いらない人」になる

とある打ち合わせに出た時に考えたこと。

空気を読めないことを悪と見なす風潮がありますけど「空気を読む」ってなんでしょう?

Wikipediaの場の空気には、

場の空気(ばのくうき)とは、その場の様子や社会的雰囲気を表す言葉。とくにコミュニケーションの場において、対人関係や社会集団の状況における情緒的関係や力関係、利害関係など言語では明示的に表現されていない(もしくは表現が忌避されている)関係性の諸要素のことなどを示す日本語の慣用句である。近年の日本社会においては、いわゆる「KY」と称する俗語が流行語となって以来、様々な意味を込めて用いられるようになっている。
「場の」はつけず、ただ「空気」と表現されることもある。

とありました。

それを踏まえて端的に言えば「場の状況や雰囲気を把握し、相手との関係性を考慮しつつ、適切なタイミングで適切な言葉を発する。もしくは発言を控える」という感じでしょうか。

でも、何が適切なのか? どこまでなら適切なのかの判断は難しい。個人の価値観や考え方次第ですからね。

ですが、波風を立てずに、その場がまるく収まるであろう無難な言動を「空気を読む」と言う事が多くないですか?

確かにそうした方が、摩擦が起きず楽なんですよね。

でも、そうやって場の意見を尊重してばかりいると、自分の意見が無くなり、だんだん考える能力まで低下していく気がします。

空気を読みすぎる日本人の議論がチームを弱くする?――齋藤孝先生と考える最強チームの作り方 という記事の中で、齋藤孝先生がこう言っています。

僕も奥山清行さんの本を読んだことがあります。奥山さんはヨーロッパで長く仕事をされていて、訪れたイタリアやドイツのどこの職場に行っても、議論の場があると。対して、日本の議論は上下関係や役職を気にするなど「空気を読みすぎる空気」があり、生産性を下げている――。そんな印象をお持ちだったようです。

良いアイデアを持っていても、上司や先輩に気兼ねして(=空気を読みすぎて)意見を述べるのを遠慮する。これでは生産性が上がりません。

それに、その場で決まったことを納得できてなければ「こうじゃないのになぁ…」と思いながら、いやいや仕事することになり、モチベーションも上がらず楽しくないですよね。

100年の価値をデザインする: 「本物のクリエイティブ力」をどう磨くか (PHPビジネス新書)

posted with ヨメレバ

奥山清行 PHP研究所 2013–08–16

Amazon

Kindle

空気ばかり読んでいると、空気しか読めない人間になるという記事には、こんな記述がありました。

残酷なことを言おう。空気ばかり読んでいると、空気しか読めない人間になる。空気を作り出す立場が分不相応になり、社長業を長年やっているとそれなりの風格がつくように、空気を読んだり、顔色を見たりばかりしていると、部下根性が身に染みわたってしまうのだ。

(中略)

リーダーとは、「空気を読まない」人がなれる。番組であろうが、組織であろうが、そこには空気を読まない人が中心にいて、自由闊達に空気を動かし、その動きを読みながら仲間に加わる部下たちがいるという構図だ。

リーダーは空気を読まない。空気を作りだし自由にコントロールできる存在がリーダーであると。

この記事は、

空気を読めたら、いい部下になる。読めなければリーダーになれる素養がある。どっちが向いているか。どっちになりたいか、だ。

と締めくくっていますが、リーダーに限らず、空気を読みすぎて、自分の意見を主張しないことに慣れすぎるのはマズい。

何の意見も無い人とみなされると、コモディティ化し、取替え可能な「部品」になってしまいかねません。

空気を読む力は大切だし、日本人らしい良い特性だと思います。

でも「読めるけど読まない」ことも時には必要ですね。

あたりまえのことですが、そのバランスが大切なんだなぁと。

「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))

posted with ヨメレバ

山本 七平 文藝春秋 1983–10

Amazon

Kindle

友だち地獄―「空気を読む」世代のサバイバル (ちくま新書)

posted with ヨメレバ

土井 隆義 筑摩書房 2008–03

Amazon

Kindle

空気を読む力―急場を凌ぐコミュニケーションの極意 (アスキー新書 056)

posted with ヨメレバ

田中 大祐 アスキー 2008–03–10

Amazon

Kindle

Edit(Admin)