/ #フレームワーク 

議論や考えを整理するためのフレームワーク

このサイトにある議論や考えを整理するためのフレームワークの一覧です。

ペイオフマトリクス

議論の結果、複数の案がでてきた場合に、どれを選べば良いのかで悩むことがある。そのような場合、2つの評価基準を設定し、ペイオフマトリクスで複数案の相対的ポジションを比較すると良い。

プロセスマッピング

業務プロセスのムダや問題を見つけたい場合に使用する。

意志決定テーブル

複数の対象に対して優先度付けをしたい場合に使用する。評価を行う観点を抽出した後、評価観点毎に点数を付け、それらの積を計算した評価点を用いて優先度を決定する。

フォースフィールド分析

ある計画がうまくいっていない場合、その原因を人の心に作用する見えない力という視点で見える化し分析する。

ポジショニングマップ

新製品を開発する場合に、競合製品のポジションを評価し「空いている」ポジションをみつけるなど、複数の対象物のポジショニングを整理するために使う。

SWOT分析

組織(個人でも良い)の戦略を検討する際に、ブレストだけでは意見が発散してしまい、統一感のある戦略にまとめあげるのが難しいケースがある。そういう場合は、SWOT分析により論点を絞り意見を共有しながら戦略に落とし込むと良い。

二分割法

話が混乱したり一方からの視点に偏った議論になった場合、二分割法で整理してみると良い。

4W1H

目標に対して設定したアクションを具体化する。責任分担を明確化し進捗状況をフォローする。

オポチュニティマッピング

議論が狭い視点での各論に陥った場合、オポチュニティマッピングを使って全体をビジュアルに表すことにより、議論対象の全体像が見えてくる。

ゴールツリー

ゴールを明確化して発散した議論を収束する。目的と手段を明確化する。

マインドマップ

ブレーンストーミングなど意見や考えを発散させたい場合に使うと効果的。

Edit(Admin)