操作が楽しい! レンズやフィルムを自由に組み合わせできるファンの多いトイカメラ ー Hipstamatic

Hipstamaticはレンズやフィルム、フラッシュを自由に組み合わせて撮影できるトイカメラです。撮影した写真は1:1(正方形)で現像されます。

↓ここから入手できます。(iTunesが開きます)

/images/T2Dt7z-I1TYKjb.gif レンズは標準では3種類から選ぶことができます。(John S lens、Jimmy lens、Kaimal Mark II lens)

Hipstamaticではアプリ内課金で、さらに以下のレンズを購入できます。(Helga Viking lens、Lucifer VI lens、Roboto Glitter lens)

同様にフィルムやフラッシュも好きなモノを選択可能で、こちらも別途、買い足すことができます。中毒性が高くてヤバそうですね…

レンズやフラッシュの購入は個別ではなく、以下のセットで購入できるようです。

Williamsburg [99¢]
Includes Helga Viking lens, 3 color flash gels, and Pistil film.

The Portland [99¢]
Includes the Lucifer VI lens and BlacKeys film.

Shibuya 渋谷区 [99¢]
Includes the Roboto Glitter lens, Berry Pop flash, and Float film.

Camden [99¢]
Includes Alfred Infrared film and BlacKeys Supergrain film

では、作例をいくつかご紹介しましょう。まずは、レンズによる違いから。フィルムは全てKodot Verichromeを使っています。

↑John Sレンズ

↑Jimmyレンズ

↑Kaimal Mark IIレンズ

次にフィルムによる違いを。レンズはJohn Sを使っています。

↑Blankoフィルム

↑Ina’s 1969フィルム

↑Kodot Verichromeフィルム

最後にフラッシュによる違いを。

↑Standard

↑Dreampop

フラッシュを使うとき「キューン」と音がなったりなど操作が楽しいです。さらに、描きこまれたグラフィックス、追加で購入できるレンズやフィルムなど、とても完成度が高いトイカメラです。

FlickrにHipstamaticで撮影した写真のグループFlickr: The Hipstamatic Poolがあるなど、愛好者も多いようですね。

きれいな写真が多数アップされていますので、ぜひ、こちらもご覧ください。きっと欲しくなりますよ。

[サポートサイト] http://hipstamaticapp.com/support.html
[参考価格] 230円
[執筆時のバージョン] 160
販売価格は執筆時点のものです。ご購入の際には必ずiTunes App Storeにてご確認ください。

↓ここから入手できます。(iTunesが開きます)

/images/eLWFNcC01mUqiG.gif