iPhone系のブロガーにお勧め。ケーブルレスでiPhoneからMacへ写真を転送できる無料のアプリ — PhotoToMac Free

PhotoToMac FreeはケーブルレスでiPhoneからMacへ写真を転送できる無料のアプリです。

↓ここから入手できます。(iTunesが開きます)

/images/NmPwRFhjg3TLzY.gif iPhoneで撮影した写真をパソコンへ転送する場合、ケーブルで接続してiPhotoなどで取り組むことが多いですよね。

しかし、ケーブルを接続してiPhoneが認識され転送可能になるまでに、けっこうな時間がかかるので、億劫になってしまうことがありませんか?

PhotoToMac Freeを使えばWiFi経由で簡単にMacへ写真を転送することができます。

まず、事前準備としてMac側でファイル共有の設定をしておきましょう。(ここではファイル共有の方法は割愛します。Mac OS X: ファイル共有などをご参照ください)

iPhoneのWiFiをONにした状態でアプリを立ち上げます。すると、同一ネットワークにあるMacが表示されます。

転送したいMacを選択すると、共有フォルダへアクセスするためのユーザ名とパスワードを聞かれるので入力します。

共有フォルダの一覧が表示されるので、選びます。

その後、iPhone中のカメラロールやライブラリ、アルバムの一覧が表示されるので、転送したい写真があるものを選びます。

サムネイルが表示されるので、転送したい写真をタップして選択します。(サムネイルから写真を選択する際、同じ写真を二回タップしても選択が解除されず、枚数がカウントアップされるという問題があるようなので注意)

選択したら画面上部にあるTransferボタンを押します。

すると、Macの共有フォルダへPhotoToMac Free iPhone n.jpgというファイル名で写真が転送されます。WiFi経由なので転送速度も速く快適!

無料版は写真の解像度が480x320まで、ビデオが低品質のみという制約がありますが、スクリーンショットを頻繁に取り込む必要がある人は、無料版でも便利に使えると思います。

iPhone系のブロガーでかつMacユーザであれば、お試しください。スクリーンショットの転送が効率化されること請け合いです。

[サポートサイト] http://www.galarina.eu/PhotoToMac/Support.html
[参考価格] 無料
[執筆時のバージョン] 2.0
販売価格は執筆時点のものです。ご購入の際には必ずiTunes App Storeにてご確認ください。

↓ここから入手できます。(iTunesが開きます)

/images/leOU8KNJb4VNCY.gif