【週末パスタ】パルミジャーノ・レッジャーノと焦がしバターの香りがたまらない包丁不要のシンプルパスタ「ブーロ・エ・パルミジャーノ」

Posted by TAKEUCHI Hitoshi on Saturday, January 25, 2014

ブーロ・エ・パルミジャーノという北イタリアのパスタを作りました。名前を聞くとたいそうな感じがしますが、バターとパルミジャーノという意味のとてもシンプルなパスタです。

/images/VfIw3LkSz4GPHx.jpg パルミジャーノ・レジャーノ。これがなければ始まりません。

/images/XMOO22gAohfk9O.jpg パルミジャーノ・レジャーノをすりおろします。大さじ4〜5ぐらい。(4人分の分量目安)

/images/xlNfp5PJ4QWl3h.jpg 何も入れなくても美味しいんですが、今回は小エビがあったので使うことにしました。ソテーして黒胡椒をふっておきます。

パスタは1%塩分のお湯で茹でます。(お湯1リットルに対して塩10g)

/images/su09ggwwpXEllN.jpg フライパンへバター投入。こちらも大さじ4〜5ぐらいです。

/images/QA9enoTj9Z0GdX.jpg 色がついてきたら火を弱めます。きつね色ぐらいまで焦がしたらお玉一杯ぐらいの茹で汁を加えます。(焦がしすぎに注意)

/images/i1iLXqbXkgHW2Z.jpg フライパンをゆすって撹拌し乳化させます。乳化させると滑らかになりパスタとよく絡みますので、ここ重要です。ペペロンチーノなどオイルベースのパスタはどれもそうですね。

/images/Z3AU1FabMkXsf2.jpg フライパンの火を止めて茹で上がったパスタを投入。すりおろしたパルミジャーノ・レジャーノを加えて、全体を良くかき混ぜます。

/images/nDpxW8gqpQ7uip.jpg 皿に盛りつけて、さらに分量外のパルミジャーノ・レジャーノをふり、黒胡椒をかけたらできあがり。

シンプルですが、焦がしバターとチーズの味がパスタによく絡み、具なしでも美味しく食べられます(今回はエビをいれましたが)。

ペペロンチーノ以上に簡単で、包丁も使わないのでとっても手軽です。キャンプのブランチにも良いかも。昼間からワインでも飲みながら…

/images/10nXh3_jLK17Hk.jpg 成城石井 ガルバーニ パルミジャーノレジャーノ100% 24ヶ月熟成パウダー 60g

posted with カエレバ

成城石井

/images/zODcLPlRY2UiBR.jpg パルミジャーノ レジャーノ36か月以上熟成 約300g

posted with カエレバ

オーダーチーズ