【iOS】クラウド上のmp3を再生できるCloudBeatsを使うと、ラジオを聴くのが捗る

クラウドストレージに対応した音楽プレイヤーとして、Music Player All-in-OneやTuneboxを使ってきましたが、最近知ったCloudBeatsというアプリは、対応しているクラウドサービスが多く、機能的にも自分の主な用途(録音したラジオを聴く)にフィットして気に入っています。

外国語の勉強やテープ起こしなどにも便利に使えるんじゃないかと。

対応しているクラウドストレージサービス

/images/as8FQHXdVdK99g.png 対応しているクラウドストレージサービスは、現時点で以下の5つです。

  • Box
  • Dropbox
  • Google Drive
  • Mediafire
  • SkyDrive

クラウドサービスを横断したプレイリストを作成できるので、それぞれのサービスへ分散してmp3を置いてプレイリストでまとめる。といった使い方が可能です。

録音したラジオを聞くのに便利な機能

ラジオを聴くのに重宝しているのが以下の機能。

/images/8PhKhPDtFvc58X.png (1)早送り・巻き戻し
ボタンのタップで、簡単に10秒/30秒の巻き戻し/早送りが可能。広告のスキップ、聞き取れなかった部分を巻き戻して聞きなおすなど。

(2)再生速度の変更
再生速度を0.5倍から2.5倍まで変更できます。ニュース系のラジオで速度を上げる、テープおこしでは遅めに再生するなど。

CloudBeatsのおかげでラジオリスニングが捗りそうです。これはいい。

/images/HzdeI7IWJ4_vF9.png CloudBeats — クラウド音楽プレイヤー Dropbox, Box, SkyDrive, Google Drive, Mediafire

/images/5ZCClYt-nocKos.gif カテゴリ: ミュージック

価格: ¥500

iphone 

See also