アプリ

Alfred常用のための設定と導入ワークフロー

Alfred常用のための設定と導入ワークフロー

かなり昔からランチャー、またはDashとの組み合わせでライトに使っていたAlfredですが、 少し調べてみたところ便利機能が盛りだくさんなことが(いまさら)わかり、これから常用していくための環境を整えました。

<参考にしたページ>

Powerpackについて

Alfredは有償のPowerpackが用意されており、クリップボード履歴・スニペット・ワークフローと行った強力な機能はPowerpackがなければ使えません。

ランチャー的な用途だけならSpotlightで代替できますし、あえてAlfredを使うのであれば購入すると幸せになれるかと。

他にも連絡先の検索やシェルコマンドの実行などPowerpack専用の機能がありますので、詳細は以下をご参照ください。

以下は設定内容と導入したワークフローのメモです。

General

設定項目備考
Launch Alfred at loginONログイン時にAlfredを起動する
Alfred Hotkey⌘␣Alfredを開くショートカットキー
Where Are youJapanWeb検索対象の国を変更

Advanced

設定項目備考
Force KeyboardABCAlfredが開いた際のキーボードモード

Features - Clipboard History

設定項目備考
Clipboard History3 Monthsクリップボードの保存期間
Viewer Hotkey⌘⇧v履歴画面を開くショートカットキー

Features - Dictionary

設定項目備考
Define a wordd“d 単語"で検索

Features - Contacts - Advanced

設定項目備考
Show last name before first nameON姓・名で表示

Features - Snippets

以下のコレクションを追加した。

  • Emoji Pack - 絵文字(:coffee: ☕)
  • Mac symbols - Macキーボードの記号(!!cmd ⌘)

本サイト(namaraii.com)のカスタム検索を追加した。

https://www.google.com/search?q=site%3Anamaraii.com+{query}

導入したワークフロー

Audio Switch

サウンドの入出力先を切り替えられる。オーディオインタフェース、Bluetoothイヤホンの切り替え時に便利。

Copy URL

ブラウザで表示中のページのURLとタイトルをクリップボードへコピーする。Markdown/HTML/テキストを選択可能。

~/Application Support/Alfred/Workflow Data/com.fallroot.copyurl/config.json を編集すればオリジナルの書式も定義できる。

GitHub

Githubのリポジトリやユーザを検索できる。

Recent Items

最近アクセスしたファイルやフォルダ、アプリケーションへ素早くアクセスできる。

Reminders

リマインダーを素早く追加できる。

Spotify Mini Player

Spotifyライブラリの検索、プレイリストへの追加など。キーボードだけでSpotifyのプレイリストを切り替えられるのは快適。

Terminal Finder

ファインダーで表示中のディレクトリへ移動した状態でターミナルを起動する。または、その逆。

まとめ

Alfred(とPowerpack)の導入によるメリットは、

  • アプリを切り替えずにできることが増える
  • マウスを使用せずにできることが増える

だと感じました。

少しずつ自分向けにカスタマイズしていくことで、キーボードとマウスの「切り替え」や、別アプリへの「切り替え」など、集中力を阻害する「切り替え」が減り、生産性が向上していきそうな予感がします。