ガジェット

E Inkな大型読書端末としてのBoox Note Air

E Inkな大型読書端末としてのBoox Note Air

Kindle本や自炊した書籍を読むための端末として、Android E inkタブレットBoox Note Airを導入して、1ヶ月ほど運用したので感想を記しておきます。

BOOX Note Air 10.3 インチE Ink,電子ペーパー,Android,タブレット amazon.co.jp

なぜ導入したのか?

電子ペーパーは液晶と比較して目が疲れにくいため、ここ数年はなるべくKindle Oasisを使うようにしていたのですが、技術書や雑誌、仕事の資料(PDF)など大版の読み物だとディスプレイサイズ的に厳しく、それらはやむなく11インチiPad Proで読んでたんですよね。

大型のKindleがあればよかったのですが、2010年にでた9.7インチのKindle DXが商業的にうまくいかなかったのか、その後、後継機がでる気配もないため、読書のE Ink率を高めるべくBoox Note Airを導入した次第です。

何が良いのか?

Boox Note Airの(私にとっての)価値は「大型(10.3インチ)のE Inkを搭載したAndorid端末である」ことに尽きます。

この手の端末は独自OSを採用していたり、LinuxやAndroidなどを採用していても、アプリのインストールができなかったり、機能制限されていたりなど、メーカーが想定した使い方しかできないケースが多いんですよね。

Boox Note AirはGoogle Playストアからアプリをインストールできて、それらをE Ink上で使用できる。もちろん、E Inkのレスポンスを考えると、あらゆるアプリを快適に使えるわけではないですが、本や雑誌、Webページをじっくりと読むような用途では快適です。

なお、デジタルノートとしてもかなりの可能性がありそうなのですが、私は読書端末としてしか使っていないため、ちゃんとしたレビューを読みたい場合は、

などをどうぞ。

何をどんなアプリで読んでいるのか?

基本的にiPadで使っているアプリを、そのままBOOX Note Airへインストールして使っています。

対象使用しているアプリ
PDF(技術書、自炊本、マニュアル・仕事の資料など)SideBooks
電子書籍Kindle
雑誌楽天マガジン
RSS FeedInstapaper / Feedly

iPad Pro 11インチとBoox Note Airを並べてみた

Kindleアプリでフィックス型の技術書を読む

SideBooksで自炊した本(PDF)を読む

FeedlyでRSSフィードを読む

結論

BOOX Note Airが想像の10倍以上使い勝手よかったに書かれている、

目を疲れさせずに無限にテキストページ読めてしまうというのは恐ろしい魅力です。

に激しく同意です。

読書専用端末として考えると、ちょっと価格的には厳しいものがありますが、満足度はそうとう高いです。

BOOX Note Air 10.3 インチE Ink,電子ペーパー,Android,タブレット amazon.co.jp