/ #フレームワーク 

4W1H

利用シーン

  • 目標に対して設定したアクションを具体化する。
  • 責任分担を明確化し進捗状況をフォローする。

具体例

  1. 4W1HのうちWhereとHowは自明であることが多いためこの例では省略している。
  2. 「ステータス」は未着手・進捗率(パーセンテージ)・ペンディング・完了・中止などアクションの状態を表す語を定義し記述する。
  3. 「実施状況」はアクションの途中経過を日付入りで時系列に記述する。
  4. 定例会議でステータスの確認、進捗やアクションのアプローチに関するフォローアップを行うことで、確実にアクションを進める。(これが重要)

関連ツール

ゴールツリー

ゴールツリーで設定したアクションを実施する際に4W1Hを使用すると良い。

フレームワークのまとめページもどうぞ

このサイトであつかったフレームワークのまとめページがあります。よろしければ、そちらもどうぞ。

Edit(Admin)