/ #flickurl #iphone 

FlickURL1.1をリリースしました。著作者情報表示/HTMLカスタマイズ/URLスキーム/写真サイズ追加

FlickURL 1.1をリリースしました。変更点は以下の通りです。

  • 著作者情報の表示
  • 出力HTMLのカスタマイズ
  • URLスキームのサポート
  • 写真サイズ追加

著作者情報の表示

クリエィティブ・コモンズ・ライセンスの写真を利用するときに、写真の著作者情報を表示するようにHTMLを変更しました。

photo by Hitoshi TAKEUCHI

このように画像の下へ著作者情報が追加されます。出力するHTMLはこんな感じです。

<a href="http://www.flickr.com/photos/htakeuchi/14026522792/sizes/m/" title="2014-04-26_横浜FCvs湘南ベルマーレ">
<img src="http://farm3.staticflickr.com/2925/14026522792_e47a971bee.jpg" width="500" height="333" alt="2014-04-26_横浜FCvs湘南ベルマーレ" class="flickurl_img">
</a>
<p class="flickurl_caption">photo by Hitoshi TAKEUCHI</p>

imgタグとpタグにクラスをあててますので、CSSでお好みのスタイルに設定して使ってください。後述する出力HTMLのカスタマイズで、まったく異なる形式にすることもできます。

出力HTMLのカスタマイズ

出力するHTMLをカスタマイズできるようにしました。

設定画面のカスタムHTMLをタップすると、テンプレート編集画面が表示されます。

この画面でテンプレートをお好みの形式にカスタマイズしてください。テンプレートでは以下のキーワードを使用できます。

キーワード説明%photo.url%Flickr上のページを表すURL%photo.title%写真のタイトル%photo.source%写真のURL%photo.width%写真の横幅%photo.height%写真の高さ%photo.author%写真の著作者(本名がある場合は本名、無い場合はFlickrのユーザID)%photo.exif%EXIF (バージョン1.2から追加)

カスタムHTMLを使用する場合、オプション画面のHTMLタイプをcustomに設定してください。

URLスキーム

URLスキームが公開されているアプリに対して、FlickURLが生成したHTMLを直接渡せるようにしました。設定画面のURLスキームから設定してください。

<@@>というキーワードがFlickURLが生成したHTMLに変換されます。以下に設定例を示します。

アプリケーション設定PressSync Propresssync:///newPost?content=<@@>するぷろslpro://<@@>

写真サイズの追加

Medium(500x375)、Small(240x180)を追加しました。これでFlickrがサポートしているすべてのサイズを取得できるようになりました。

FlickURLをご紹介いただいたブログ

以下のブログでご紹介いただきました。こんなニッチで地味なアプリを紹介していただき、ありがとうございます。それにしても、ぜんぜん宣伝もしていないのに良くみつけますねぇ。みなさんアンテナ高すぎます。

ご紹介いただき、ありがとうございました。

FlickURL
バージョン: 1.1
販売元: Hitoshi Takeuchi
リリース日: 2014年02月23日
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
サイズ: 8.3 MB
価格: 無料

generated by PressSync on 2014年05月10日

Edit(Admin)