/ #ipad 

iPadでベッドに寝転びながらブログを書く私の方法

iPadでベッドに寝転びながらブログを書く方法が固まってきました。そんなの固めなくても良い!という話もあると思いますが、なかなか快適なので紹介させてください。

photo credit: cdedbdme

基本は手書きです。寝転びながらタイピングなんてしてられませんからね。

そこで、欠かせないのはスタイラスです。私が使っているのはパワーサポート スマートペン シルバー というもの。

ペン先がペコペコとつぶれるタイプで、文字もスケッチも書きやすいです。

手書きのアプリは7notes for iPadです。このアプリは手書きで書いた文字を高精度でテキストデータに変換してくれます。

書き順を間違えていても、(私のような)相当の悪筆でも、ほとんどの文字を意図した通りに変換してくれます。ひらがなと漢字を混ぜて書けるのも便利。

でも、いくら変換精度が高くても、文章を書いているときに誤変換があると思考が中断されますよね。

その点、7noteの「後から変換」という機能はすごい。まずは、手書きで一気に書き切ります。その後、まとめてテキストへ変換できるので、アウトプットと編集を完全に分離することができるんです。

書き終わったら、それをDPad HTML Editorヘ流しこみます。

DPadはブログの執筆に特化したシンプルなHTMLエディタです。一番の特長はアイコンをタップするだけでFlickr/YouTube/Amazon/Twitter/delicious/Googleへアクセスし、画像や商品、動画などブログで引用したい情報を簡単リンクすできることです。アプリケーションを切り替える必要がないため快適です。

また、エディタにはカット、コピー、ペースト、それとカーソルを移動するためのボタンが用意されており、編集もしやすい。

このエントリも紹介した組み合わせで書き、通勤電車の中で最終調整しアップしました。iPadは隙間時間を活用するために欠かせない存在になっています。

Edit(Admin)