/ #iphone 

iPhone5のバッテリーが異常に早く減る…断捨離したら改善したかも(ただし経過観察を要する)

先週、iPhone5のバッテリー消費が異常に早くなる現象が発生しました。

胸ポケットに入れたiPhone5がいつもより熱い。取りだしてみるとバッテリー残量が50%を切ってます。

いつもなら、その時間帯は80%程度残っているはず。何かがおかしい。

とりあえずホームボタンとスリープボタン長押しの再起動をして、一切使わずに1時間放置しました。

バッテリー残量をチェックすると40%を切っています。あきらかにおかしい。

このままではマズイ…と調べたら、似たような現象が発生した方のブログを発見しました。

iOS6に更新後バッテリーが異常に早く減る原因 : iPad,Mac,Linux.Web Site etc.

元々データ量が多いiPhoneのバックアップから復元を行ったりすると、このSpotlightプロセスがバックグラウンドが走るせいで、使わずに置いておいても半日でバッテリーが無くなったりしている可能性がかなり高いと思います。

うーん、最近、バックアップから復元を行ったりしていないので、微妙にちがう。

でも、インストールしたものの、ほとんど使わないで放置しているアプリも100以上あるし、64Gほぼ使い切ってるし、これは断捨離の良い機会!と思い、おもいきって工場出荷状態へ戻すことにしました。

iOS:「すべてのコンテンツと設定を消去」について

「すべてのコンテンツと設定を消去」した後、こんなことをやりました。

  • バックアップからの復元はせず、必要なアプリだけを再インストール
  • iPhoneへ入れる音楽はリストを作っているのでiTunesで同期設定
  • iTunesであらためて写真の同期設定
  • Spotlightは全てオフ(もともと使ってなかったので)

これらをやって今日で2日目ですが、バッテリーの減り方も普通、いや、むしろ前より良くなりました。発熱もありません。

最近は、多くのデータをクラウドへ置いてあるので、全データを消去しても、それほど苦労せずに環境を戻せて便利だなあ。

アプリの断捨離もできてよかった。

今後はインストール後、継続して使う可能性が低いものは、こまめにアンインストールしようと思います。シンプルがいちばん。

再発しないことを祈りつつ。

Edit(Admin)