/ #mac 

Macbookのトラックパッドは使いやすいけど、トラックボール(M570t)の操作感も捨てがたい

Macbookのトラックパッドは精度が高く、ジェスチャ操作も行えて便利ですが、トラックボールの操作感も捨てがたく、ずっと併用しています。

トラックボールの、

  • 本体を動かす必要がなく、カーソル操作時に腕や手首に負担がかからない
  • 机の上のスペースが狭くても問題ない(動かさないので置けさえできればよい)

という特徴はトラックパッドと同じなんですけど、物理的なボールやホイールを動かしてポインティングするのは心地よいです。

最初は操作が難しく感じましたが慣れてしまえば、狙った場所へズバッとマウスカーソルを移動できるようになり、手放せなくなりました。

昨年末、愛用しているLogicoolのM570tの調子が悪くなったので、同じモデルを新調。

M570tはワイヤレスで取り回しがしやすく、電池の持ちも良く(単三形乾電池1本で最大18ヶ月)、手になじむフォルムなど人気が高いモデルです。

Logicoolのサイトから「Logicoolコントロールセンター」を入手してインストールすれば、各ボタンへ機能を割り当てることもできます。

私はデフォルトの設定で使っていますが、ホイールでのスクロールと拡張ボタンの「戻る」「進む」でWebブラウズも快適です。

2016年は新調したトラックボールで頑張っていきます。

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

posted with カエレバ

ロジクール 2013–08–02

Amazon

Edit(Admin)