/ #projectscape 

Projectscapeレビュー(EndlessPain)

EndlessPain(2009–06–07) via kwout

EndlessPain(2009–06–07)でProjectscapeのレビューをしていただきました。

そうして数値に裏づけされた正確な報告が困難となり、適切な check と action は失われ、ただ目の前の作業を捌くだけのデスマーチが進行していくことになります。実際は、完全に大火事になると 火が消えるまでに闇雲に大量の水が注がれ、納期を死守するべく稼働 (人や残業) が投入されていくことになります。

本来、プロマネは全体を俯瞰できるポジションを確保し続けなければならないんですが、デスマになるプロジェクトはそれができなくなるパターンが多いですね。さらに、その理由が「正確な状況を報告したことによる社内からの軋轢」だったりすると最悪。そうなると、虚偽の報告や情報の隠蔽が始まり、さらなる深みへ…(思い出すだけで胃が痛い)

  • ガントチャートの中に吹き出しなどでコメントを書き込みたい (PM の見解を表現したい)
  • レポートテンプレートをエクスポート、インポートしたい (所属部署で共有することを考えて)
  • レポートテンプレートを複数使用できるようにしたい (社内ツール連携向け、Trac Wiki 用、顧客向けなど)
  • ソフトウェアを起動してから、ファイルのドラッグ&ドロップで開いて欲しい

なるほど。参考になります。中でもレポートテンプレートは優先度を上げて実装したいと思います。tracのWikiへ直接エクスポートできるようにしてもいいかもしれませんね。

この 複雑で困難な目標を達成するには、ステークホルダ全員が協力しないと達成できないことを知り、各ステークホルダと密にコミュニケーションを取り、成功へ導く、という強いマインドが必要です。ツールやフレームワークはあくまでも仕掛けでしかありません。それをどう活用するのかは、プロジェクトマネージャのマインド次第なんですよね。

プロジェクトをうまく着地させるためには、プロマネの「成功に導く!」という強いマインドが必須ですね。さらにコスト、スケジュール、品質、コミュニケーションのフォローアップも完璧に行わなければならない…キツい仕事ですね。

ツールやフレームワークは、プロマネがより本質的なタスクに集中できるためのものであるという指摘は同感です。その指摘に関連する?のですが、現在、さらにProjectscapeをご活用いただくべく無償版を検討中です。近日中にもう少し詳しいことを書きますね。

レビューありがとうございました。

Edit(Admin)