/ #rails #salesforce 

RailsからSalesforceのDBへ簡単にアクセスできるActiveSalesforceを味見してハマったこと

ActiveSalesforceというSalesforceのデータベースをActiveRecord経由でアクセスできるアダプタを触ってみました。ちょっとハマった部分があるのでメモしておきます。

インストールと設定

私が試した環境はRails 2.1.0です。Rails 2.xだと、

$ gem install activerecord-activesalesforce-adapter

だけでOK。Rails 1.xだとインストールと設定の手順が違いますのでこちらを参照してください。

インストール後、すぐに下にあるようなコードを書いて動かしてみたのですが、RubyForge: ActiveSalesforce: トラッカー詳細: 19960 defining belongs_to with :dependent => :nullify is broken in edge rails > r8675と同じ事象が発生し動作しませんでした。このチケットにあるパッチをあてたところ、うまく動くように。

次にRailsでプロジェクトを作成し、config/database.ymlを次のように書き換えます。
[sourcecode language=”ruby”]
development:
 adapter: activesalesforce
 url: https://www.salesforce.com/services/Soap/u/8.0
 username: Salesforceのアカウント
 password: Salesforceのパスワード|セキュリティトークン
[/sourcecode]
ActiveSalesforceのドキュメントではパスワードだけを指定するように書かれていますが、今のSalesforceでは(ネットワークを信頼済みに設定しない限り)API経由でアクセスする際はパスワードに続けてセキュリティートークンを指定する必要があります。

セキュリティトークンはSalesforceにログインし、[設定] | [私の個人情報] | [セキュリティトークンのリセット] から参照できます。

尚、上記のconfig/database.ymlのサンプルでは、パスワードとセキュリティトークンの間に|がありますが、これは可読性のために入れてあります。

実際に指定するときはパスワードに続けてセキュリティトークンを指定してください。

Salesforceのデータにアクセスする

あとはRailsの世界です。ここではSalesforceの取引先(account)の一覧を出力してみます。accountのコントローラとビューを作成します。コントローラの方はこんな感じ。
[sourcecode language=”ruby”]
def index
 @accounts = Account.find(:all)
 respond_to do |format|
 format.html # index.html.erb
 format.xml { render :xml => @accounts }
 end
end
[/sourcecode]
ビュー(index.html.erb)はこんな感じ。
[sourcecode language=”html”]
<h1>取引先一覧</h1>

<table>
 <tr>
 <th>取引先番号</th>
 <th>取引先名</th>
 <th>住所(請求先)</th>
 <th>電話</th>
 <th>Fax</th> 
 <th>説明</th> 
 </tr>

<% for account in @accounts %>
 <tr>
 <td><%=h account.account_number %></td>
 <td><%=h account.name %></td>
 <td>
 <%=h account.billing_postal_code %>
 <%=h account.billing_state %>
 <%=h account.billing_city %>
 <%=h account.billing_street %>
 </td>
 <td><%=h account.phone %></td>
 <td><%=h account.fax %></td>
 <td><%=h account.description %></td>
 </tr>
<% end %>
</table>
[/sourcecode]
http://localhost:3000/accountsへアクセスしたらこんな感じに。

うん、普通にRailsアプリですね。とは言え、Salesforceのスキーマを知らないと何もできません。

SalesforceのスキーマはForce.com Web Services API Developer’s GuideのReference — Standard Objectsから参照可能です。

なお、RailsからSalesforceのデータへアクセスする場合、メンバ名を以下のように読み替える必要がありますのでご注意。

Filed Name(ドキュメントの表記)Railsのメンバ名BillingPostalCodebilling_postal_code

Salesforceを導入するような企業は既に基幹システムを持っているケースも多いと思います。

その場合、Force.com APIを使ってAjaxリクエストでデータを取得したり、バッチを開発したりして既存システムとSalesforceのデータ連係を実現する方法が主流だと思いますが、ActiveSalesforce + Railsという構成で、Railsの生産性の高さを生かしたSalesforce連携システム開発というのも可能性を感じます。

す。

Edit(Admin)